commerceの想い

輝くパリの女性が大切にしているもの
commerceはパリ15区にある小さな街の名前。
初めてフランスに行った時に滞在した街の名前でもあります。
フランスは、エステティシャンとして一度は訪れたい国。
私が感じたフランスのエステは女性達にとって、
とっても身近であるということでした。
街を歩いている女性達は、年齢関係なくお洒落をして
自分の人生楽しんでいるように感じました。
70歳くらいのお洒落なマダムがヒールを履いて颯爽と歩いている姿を見て
「私もこんな素敵な女性になりたい」と
思いました。
なぜ、こんなに“キラキラ”と輝いた女性が大勢いるのだろう?と
思ったとき、毎日の過ごし方が本当に大切だと気付きました。
輝くパリの女性が大切にしているもの
信頼されるエステティシャンになるために
パリの女性は自分と向き合う時間を大切にしています。
エステサロンはその1つでもあり、美容院感覚で通う方が多いといいます。
そして、信頼できるエステティシャンを見つけると、
ずっと通い続け共に美を保っているそうです。
私も皆様から信頼されるエステティシャンになりたいと思いました。
また、エステティシャンとして多くの方と接する中で、エステの仕事を
通じてお肌を綺麗にするだけではなく、日々忙しい女性の活力になっている
事を実感するようになりました。
そして、もっと多くの女性の綺麗と活力のお役に立ちたいと思い、
commerce(コメルス)を立ち上げました。
信頼されるエステティシャンになるために
commerceが目指すもの
1日24時間。人生は有限。
だったら楽しく素敵な人生を過ごしたい。
大好きな仕事をして、大好きなお客様とお話しして、
大好きなお客様の美のお手伝いを一生寄り添っていきたい。
また、今後は一緒に働いてくれるスタッフと共にコメルスに来ると癒される、
元気になる、明日からも頑張れると言われるサロン(場所)を作って
いきたいと思っております。
commerceが目指すもの